前へ
次へ

カフェや喫茶店で仕事をするなら

全国各地にはカフェや喫茶店が駅ナカや郊外などに有りまして、多くのお客が利用しています。
カフェではコーヒーに加えてアルコールなどの提供も行えるのに対して、喫茶店ではコーヒーや紅茶などの飲料や、お菓子や軽食の提供に内容が限られています。
そしてこれからカフェや喫茶店で仕事をされる方は、キッチンスタッフ、ホールスタッフで活躍される事となりますが、事前に仕事の内容を知っておく事も大切です。
キッチンスタッフはオーダーに従って飲料を作ったり、使用済の食器などを洗う仕事を行っています。
一方のホールスタッフは、お客さんの受付や席への誘導を始めとして、注文の確認を行います。
そしてお客さんが帰った後には座席の清掃などを実施します。
これらの店舗ではお客の混み合う時間帯には多くのスタッフを配置して対応し、空いている時間帯にはスタッフの数を減らすなどフレキシブルな運営を行う為に、アルバイトの方を雇って対応しています。

Page Top